奥田製薬株式会社
サイトマップ
会社案内 広告掲載

販売店の方

コンテンツメニュー
商品案内
奥田胃腸薬
奥田胃腸薬
奥田脳神経薬W
奥田脳神経薬W
奥田脳神経薬M
奥田脳神経薬
奥田脳神経薬
奥田脳神経薬
薬用アルコールジェル
薬用アルコールジェル
ペディラスBTプラス
ペディラスBTプラス
エメロット点鼻薬AG
エメロット点鼻薬AG
症状別その他の商品
熱や痛みをとる薬
口唇ヘルペス再発治療薬
花粉症の薬
風邪薬
ビタミン剤
ぢの薬
便秘の薬
水虫の薬
湿疹・かぶれ薬
睡眠改善薬
健康食品

奥田脳神経薬資料請求

健康情報

さわやか薬店相談室

奥田脳神経薬 販売店リスト

お問い合わせ
ストレスケアNavi
花粉症の薬
お薬ワンポイントアドバイス
■点鼻薬
第2類医薬品
【効能・効果】
急性鼻炎、アレルギー性鼻炎又は副鼻腔炎による次の諸症状の緩和
鼻づまり、鼻みず(鼻汁過多)、くしゃみ、頭重(頭が重い)
【用法・用量】
次の量を、鼻腔内に噴霧してください。
年令 1回量 1日使用回数
成人(15才以上)
及び7才以上の小児
1〜2度ずつ噴霧 3時間以上の間隔をおいて、6回以内
7才未満 使用しないこと
<用法・用量に関連する注意>
(1)過度に使用すると、かえって鼻づまりを起こすことがあります。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)点鼻薬にのみ使用してください。
【成分・分量】100mL中
成分 分量 働き
ナファゾリン塩酸塩 50mg はれや充血を抑え、炎症を改善します。
クロルフェニラミンマレイン酸塩 400mg くしゃみ、鼻みずなどのアレルギー症状を緩和します。
リドカイン 200mg かゆみ、痛みを抑え、不快感をやわらげます。
ベンゼトニウム塩化物 20mg 鼻腔内の殺菌・消毒をし、炎症の改善をたすけます。
添加物として、エタノール、pH調節剤、グリセリンを含有します。
【使用上の注意】
してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1. 次の人は使用しないでください
 
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2. 長期連用しないでください
相談すること
1. 次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 
(1) 医師の治療を受けている人。
(2) 妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3) 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4) 次の診断を受けた人。
高血圧、心臓病、糖尿病、甲状腺機能障害、緑内障
2. 使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 
関係部位 症状
皮膚 発疹・発赤、かゆみ
はれ、刺激感
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。
その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
症状の名称 症状
ショック(アナフィラキシー) 使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
3. 3日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
■点眼薬
第2類医薬品
【効能・効果】
花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような目のアレルギー症状の緩和:目の充血、目のかゆみ、目のかすみ(目やにの多いときなど)、なみだ目、異物感(コロコロする感じ)
【用法・用量】
1回1〜2滴、1日4回(朝・昼・夕方及び就寝前)点眼してください。
<用法・用量に関連する注意>
(1)花粉など季節性のアレルギーによる目の症状に使用する場合は、花粉発散期に入って症状が出始めたら、症状の軽い早めの時期からの使用が効果的です。
(2)定められた用法、用量を厳守してください。
(3)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)目の周囲に流れ出た液はすぐにふきとってください。
(5)容器の先が、まぶたやまつ毛などに触れると、目やにや雑菌などのため、薬液が汚染又は混濁することがありますので、注意してください。又、混濁したものは使用しないでください。
(6)コンタクトレンズの装着液として、又、コンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。
(7)点眼用にのみ使用してください。
【成分・分量】100mL中
成分 分量 働き
ケトチフェンフマル酸塩 69mg 抗アレルギー作用、抗ヒスタミン作用、抗炎症作用の3つの作用を持ち、アレルギー誘発物質の放出を抑えます。
添加物:グリセリン、ベンザルコニウム塩化物、d-ボルネオール、l-メントール、pH調節剤
【使用上の注意】
してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)
1. 次の人は使用しないでください
 
(1) 本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2) 1才未満の小児
2. 点鼻薬と併用する場合には、使用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください。
(眠気等があらわれることがあります。)
相談すること
1. 次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 
(1) 医師の治療を受けている人。
(2) 減感作療法等、アレルギーの治療を受けている人
(3) 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(4) 次の症状のある人
はげしい目の痛み
(5) アレルギーによる症状か他の原因による症状かはっきりしない人
とくに次のような場合はアレルギーによるものと断定できないため、使用前に医師に相談してください。
・片方の目だけに症状がある場合
・目の症状のみで、鼻には症状が見られない場合
・視力にも影響がある場合
・目やにの多い場合
(6) 妊婦又は妊娠していると思われる人
2. 使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 
関係部位 症状
皮ふ かゆみ**、発疹
目** 目の充血、刺激感*、痛み*、はれ*、かゆみ*、目のかすみ、目の乾燥、目がまぶしい
その他 眠気、頭痛、口のかわき
*目のまわりを含みます。
**人によっては、使用開始時期(1〜2日目)にまぶた、目の周囲、頬などにひどいかゆみ、はれ、痛みなどの症状があらわれることがあります。
3. 次の場合は使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1) 目のかすみが改善されない場合
(2) 1週間位使用しても症状がよくならない場合
4. 次の場合は、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
症状の改善がみられても使用期間が2週間を超える場合
■持続性鼻炎カプセル
第2類医薬品
【効能・効果】
急性鼻炎、アレルギー性鼻炎又は副鼻腔炎による次の諸症状の緩和
くしゃみ、鼻水、鼻づまり、なみだ目、のどの痛み、頭が重い
【用法・用量】
次の量を服用してください。
年令 1回量 1日服用回数
大人(15才以上) 2カプセル 2回(朝・夕)
7才以上15才未満 1カプセル 2回(朝・夕)
7才未満 服用しないでください
【成分・分量】(4カプセル中:大人1日量)
成分 分量 働き
塩酸プソイドエフェドリン 120r 末梢血管収縮作用により、鼻粘膜の充血やはれをおさえ、鼻づまりを緩和します。
クロルフェニラミンマレイン酸塩 8r 抗アレルギー作用により、くしゃみ、鼻水をおさえます。
無水カフェイン 100r 鼻炎にともなう頭重を和らげます。
リゾチーム塩酸塩 60r
(力価)
鼻炎の炎症をおさえ、鼻づまりを緩和します。
ベラドンナ総アルカロイド 0.4r 鼻汁の分泌を抑制し、鼻水、なみだ目をおさえます。
【添加物】
添加物として、トウモロコシデンプン、乳糖水和物、結晶セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、カルメロースCa、エチルセルロース、グリセリン脂肪酸エステル、タルク、部分アルファー化デンプン、カプセル本体に青色1号、ラウリル硫酸Na、ゼラチンを含有します。
【使用上の注意】
1. 次の人は服用しないでください。
 
(1) 本剤又は鶏卵によるアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2) 次の症状がある人。
前立腺肥大による排尿困難
(3) 次の診断を受けた人。
高血圧、心臓病、甲状腺機能障害、糖尿病
2. 本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください。
他の鼻炎用内服薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(かぜ薬、鎮咳去痰薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬)、塩酸フェニルプロパノールアミンを含有する内服薬(かぜ薬、鎮咳去痰薬)
3. 服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください。
眠気や目のかすみ、異常なまぶしさ等の症状があらわれることがあります。
4. 長期連用しないでください。
【相談すること】
1. 次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
 
(1) 医師の治療を受けている人。
(2) 妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3) 高齢者。
(4) 本人又は家族がアレルギー体質の人。
(5) 薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(6) 次の症状のある人。
高熱、排尿困難
(7) 次の診断を受けた人。
緑内障
(8) モノアミン酸化酵素阻害剤(塩酸セレギリン等)で治療を受けている人。
2. 次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください
 
(1) 服用後、次の症状があらわれた場合。
関係部位 症状
皮ふ 発疹・発赤、かゆみ
消火器 悪心・嘔吐、食欲不振
精神神経系 めまい、不眠、神経過敏、頭痛
その他 排尿困難、顔のほてり、異常なまぶしさ
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。
その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
症状の名称 症状
ショック(アナフィラキシー) 服用後すぐにじんましん、浮腫、胸苦しさ等とともに、顔色が青白くなり、手足が冷たくなり、冷や汗、息苦しさ等があらわれる
皮膚粘膜眼症候群
(スティーブンス・ジョンソン症候群)
高熱を伴って、発疹・発赤、火傷様の水ぶくれ等の激しい症状が、全身の皮ふ、口や目の粘膜にあらわれる
中毒性表皮壊死症
(ライエル症候群)
(2) 5〜6日間服用しても症状がよくならない場合。
3. 次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください
  口のかわき、便秘
■ケトチフェンフマル酸塩配合アレルギー専用内服薬
第2類医薬品
【効能・効果】
花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和
くしゃみ、鼻水(鼻汁過多)、鼻づまり
【用法・用量】
成人(15才以上)1回1カプセル、1日2回朝食後及び就寝前に服用してください。
年令 1回量 1日服用回数
大人(15才以上) 1カプセル 2回、朝食後及び就寝前
15才未満 服用しないこと
【成分・分量】(1カプセル中)
成分 分量
ケトチフェンフマル酸塩 1.38r
【添加物】
添加物としてD-マンニトール、トウモロコシデンプン、無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウム、ゼラチン、酸化チタン、ラウリル硫酸Naを含有します。
【使用上の注意】
1. 次の人は服用しないでください
 
(1) 本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2) てんかん又はけいれん発作を起こしたことがある人。
(3) 15才未満の小児。
2. 本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください
他のアレルギー用薬(皮ふ疾患用薬、鼻炎用内服薬を含む)、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬、鎮咳去痰薬、乗物酔い薬、催眠鎮静薬等)
3. 服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください
(眠気等があらわれることがあります)
4. 授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合には授乳を避けてください
(動物実験で乳汁中への移行が認められています)
5. 服用前後は飲酒しないでください
【相談すること】
1. 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 
(1) 医師の治療を受けている人。
(2) 減感作療法等、アレルギーの治療を受けている人。
(3) 妊婦または妊娠していると思われる人。
(4) 高齢者。
(5) 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(6) アレルギーによる症状か他の原因による症状かはっきりしない人。
(7) 次の症状のある人。
排尿困難
(8) 次の診断を受けた人。
気管支ぜんそく、アトピー性皮ふ炎
2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
 
関係部位 症状
皮ふ 紅斑、発疹、浮腫、かゆみ
鼻血
精神神経系 めまい、ふらつき、だるさ、頭痛、味覚異常、しびれ感、神経過敏、イライラ感、頭がボーっとする
消化器 吐き気・嘔吐、食欲不振、胃部不快感、腹痛、口内炎
泌尿器 頻尿、排尿痛、血尿、残尿感
その他 動悸、ほてり、月経異常、体重増加
  まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。
その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
 
症状の名称 症状
中枢神経症状 一過性の意識消失、けいれん、興奮等があらわれる。
肝機能障害 発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
3. 服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
口のかわき、便秘、下痢、眠気、不眠
4. 1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(個人差等により薬の効果があらわれるまでに2週間位かかる場合もあります)
5. 次の場合は、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
症状の改善がみられても服用期間が2週間を超える場合。
■アレルギー専用点鼻薬(AG、ALGタイプ)
第2類医薬品
【効能・効果】
花粉、ハウスダスト(室内塵)等による次のような鼻のアレルギー症状の緩和:鼻づまり、鼻水(鼻汁過多)、くしゃみ、頭重(頭が重い)
【用法・用量】
成人(15才以上)および7才以上の小児:1回に1度ずつ、1日3回〜5回両鼻腔内に噴霧してください。なお、適用間隔は3時間以上おいてください。3日間使用しても症状の改善が見られない場合には使用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください。
【成分・分量】100mL中
成分 分量 働き
クロモグリク酸ナトリウム 1g アレルギー誘発物質(ヒスタミン等)の放出を抑えます。
ナファゾリン塩酸塩 0.025g はれや充血を抑え、炎症を改善します。
クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.25g くしゃみ、鼻水などのアレルギー症状を緩和します。
【添加物】
エデト酸Na、ベンザルコニウム塩酸塩、等帳化剤を含有する。
【使用上の注意】
1. 使用後、乗物または機械類の運転操作をしないこと。
2. 使用に際しては、添付文書をよく読むこと。
3. 直射日光の当たらない涼しい所に保管すること。
4. 使用期限をすぎた製品は使用しないこと。
■アレルギー専用点鼻薬(Zタイプ)
第2類医薬品
【効能・効果】
花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:くしゃみ、鼻水(鼻汁過多)、鼻づまり
【用法・用量】
成人(15才以上)及び7才以上の小児:1回に1度ずつ、1日4回(朝・昼・夕方及び就寝前)両鼻腔内に噴霧する(1噴霧でケトチフェンとして0.05mg)。7才未満は使用しないこと。
【成分・分量】100mL中
成分 分量 働き
ケトチフェンフマル酸塩 75.6mg 抗アレルギー作用、抗ヒスタミン作用、抗炎症作用の3つの作用を持ち、アレルギー誘発物質の放出を抑えます。
【添加物】
エデト酸Na、ベンザルコニウム塩化物、グリセリン、l−メントール、エタノール、pH調整剤を含有します。
【使用上の注意】
してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)
1. 次の人には使用しないでください
7才未満の小児。
2. 使用後、乗物または機械類の運転操作をしないでください(眠気があらわれることがあります)
3. 授乳中の人は本剤を使用しないか、本剤を使用する場合は授乳を避けてください
(動物実験で乳汁中への移行が認められています)
相談すること
1. 次の人は使用前に医師または薬剤師に相談してください
 
(1) 医師の治療をうけている人。
(2) 減感作療法等、アレルギーの治療を受けている人。
(3) 妊婦または妊娠していると思われる人。
(4) 薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5) アレルギーによる症状か他の原因による症状かはっきりしない人。
2. 次の場合は、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師または薬剤師に相談してください
(1) 使用後、次の症状があらわれた場合。
 
関係部位 症状
乾燥感、刺激感
精神神経系 脱力感、頭痛
  (2) 1週間位使用しても症状がよくならない場合。
3. 次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続または増強が見られた場合には、使用を中止し、医師または薬剤師に相談してください
眠気。
4. 次の場合は、医師または薬剤師に相談してください
症状の改善がみられても使用期間が2週間を超える場合。
■アレルギー専用点眼薬
第2類医薬品
【効能・効果】
花粉、ハウスダスト(室内塵)等による次のような目のアレルギー症状の緩和:目の充血、目のかゆみ、目のかすみ(目やにの多いときなど)、なみだ目、異物感(コロコロする感じ)
【用法・用量】
1回1〜2滴、1日4〜6回点眼してください。2日間使用しても症状の改善がみられない場合には、医師又は薬剤師に相談してください。
コンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。
【有効成分】
成分 分量
クロモグリク酸ナトリウム 1000mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 15mg
グリチルルチン酸二カリウム 125mg
【添加物】
イプシロン−アミノカプロン酸、ホウ酸、ホウ砂、エデト酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン、d-ボルネオール、d-カンフル、エタノール
【使用上の注意】
してはいけないこと
(守らないと事故が起こりやすくなります。)
点鼻薬と併用する場合には、使用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください。
(眠気があらわれることがあります。)
相談すること
1. 次の人は、使用前に医師又は薬剤師にご相談ください。
 
(1) 医師の治療を受けている人。
(2) 減感作療法等、アレルギーの治療を受けている人。
(3) 妊婦又は妊娠していると思われる人。
(4) 薬によるアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5) 次の症状のある人。:はげしい目の痛み。
(6) 次の診断を受けた人。:緑内障
(7) アレルギーによる症状か他の原因による症状かはっきりしない人。
特に次のような場合は、アレルギーによるものとは断定できないため、使用前に医師に相談してください。
・片方の目だけに症状がある場合
・目の症状のみで、鼻には症状がみられない場合
・視力にも影響がある場合
2. 次の場合は、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師にご相談ください。
(1) 使用後、次の症状があらわれた場合。
 
関係部位 症状
皮ふ 発疹・発赤、かゆみ
充血、かゆみ、はれ、痛み
  まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。
その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
 
症状の名称 症状
アナフィラキシー様症状 使用後すぐに息苦しさ、浮腫、(咽喉、まぶた、鼻粘膜、口唇等)、じんましん等の症状があらわれる。
  (2) 目のかすみが改善されない場合。
(3) 2日間使用しても症状がよくならない場合。
3. 症状の改善がみられても、2週間を超えて使用する場合は、医師又は薬剤師に相談してください。
■点鼻薬(2タイプの処方があります)
第2類医薬品
【効能・効果】
急性鼻炎、アレルギー性鼻炎または副鼻腔炎による次の諸症状の緩和:鼻づまり、鼻みず(鼻汁過多)、くしゃみ、頭重(頭が重い)
【用法・用量】
成人(15才以上)及び7才以上の小児:1日6回を限度とし、3時間以上の間隔をおいて、1回に1〜2度ずつ鼻腔内に噴霧する。7才未満は使用しないこと。
【成分・分量】100mL中
成分 分量 働き
テトラヒドロゾリン塩酸塩 100mg 鼻腔内のはれや充血を抑え、炎症を改善します。
クロルフェニラミンマレイン酸塩 500mg くしゃみ、鼻みずなどのアレルギー症状を緩和します。
リドカイン 500mg かゆみ、痛みを抑え、不快感をやわらげます。
ベンゼトニウム塩化物 20mg 鼻腔内の殺菌・消毒をし、炎症の改善をたすけます。
添加物として、pH調整剤、エタノール、グリセリン、l−メントールを含有する。
【使用上の注意】
してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1. 次の人は使用しないでください
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2. 長期運用しないでください
相談すること
1. 次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 
(1) 医師の治療を受けている人。
(2) 妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3) 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4) 次の診断を受けた人。
高血圧、心臓病、糖尿病、甲状腺機能障害、緑内障
2. 使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 
関係部位 症状
皮膚 発疹・発赤、かゆみ
はれ、刺激感
  まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。
その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
 
症状の名称 症状
ショック
(アナフィラキシー)
使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
3. 3日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
■点鼻薬(2タイプの処方があります)
第2類医薬品
【効能・効果】
急性鼻炎、アレルギー性鼻炎または副鼻腔炎による次の諸症状の緩和
鼻づまり、鼻みず(鼻汁過多)、くしゃみ、頭重(頭が重い)
【用法・用量】
成人(15才以上)及び7才以上の小児
1日6回を限度とし、3時間以上の間隔をおいて、1回に1〜2度ずつ鼻腔内に噴霧してください。
【成分・分量】100mL中
成分 分量 働き
ナファゾリン塩酸塩 50mg はれや充血を抑え、炎症を改善します。
クロルフェニラミンマレイン酸塩 500mg くしゃみ、鼻みずなどのアレルギー症状を緩和します。
リドカイン 300mg かゆみ、痛みを抑え、不快感をやわらげます。
ベンゼトニウム塩化物 20mg 鼻腔内の殺菌・消毒をし、炎症の改善をたすけます。
添加物としてpH調整剤、グリセリンを含有します。
【使用上の注意】
してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1. 次の人は使用しないでください
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2. 長期運用しないでください
相談すること
1. 次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 
(1) 医師の治療を受けている人。
(2) 妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3) 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4) 次の診断を受けた人。
高血圧、心臓病、糖尿病、甲状腺機能障害、緑内障
2. 使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 
関係部位 症状
皮膚 発疹・発赤、かゆみ
はれ、刺激感
  まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。
その場合は直ちに医師の診断を受けてください
 
症状の名称 症状
ショック
(アナフィラキシー)
使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
3. 3日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
■点鼻薬クール
第2類医薬品
【効能・効果】
急性鼻炎、アレルギー性鼻炎または副鼻腔炎による次の諸症状の緩和
鼻づまり、鼻みず(鼻汁過多)、くしゃみ、頭重(頭が重い)
【用法・用量】
成人(15才以上)及び7才以上の小児
1日6回を限度とし、3時間以上の間隔をおいて、1回に1〜2度ずつ鼻腔内に噴霧してください。
【成分・分量】100mL中
成分 分量 働き
ナファゾリン塩酸塩 50mg はれや充血を抑え、炎症を改善します。
クロルフェニラミンマレイン酸塩 500mg くしゃみ、鼻みずなどのアレルギー症状を緩和します。
リドカイン 300mg かゆみ、痛みを抑え、不快感をやわらげます。
ベンゼトニウム塩化物 20mg 鼻腔内の殺菌・消毒をし、炎症の改善をたすけます。
添加物として、pH調整剤、グリセリン、l−メントールを含有します。
【使用上の注意】
してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1. 次の人は使用しないでください
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2. 長期運用しないでください
相談すること
1. 次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 
(1) 医師の治療を受けている人。
(2) 妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3) 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4) 次の診断を受けた人。
高血圧、心臓病、糖尿病、甲状腺機能障害、緑内障
2. 使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 
関係部位 症状
皮膚 発疹・発赤、かゆみ
はれ、刺激感
  まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。
その場合は直ちに医師の診療を受けてください
 
症状の名称 症状
ショック
(アナフィラキシー)
使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
3. 3日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
鼻炎のお薬ワンポイントアドバイス
ページトップへ
Copyrightc2004 okuda seiyaku co.,ltd.All Rights Reserved.