奥田製薬株式会社
サイトマップ
会社案内 広告掲載

販売店の方

コンテンツメニュー
商品案内
奥田胃腸薬
奥田胃腸薬
奥田脳神経薬W
奥田脳神経薬W
奥田脳神経薬M
奥田脳神経薬
奥田脳神経薬
奥田脳神経薬
薬用アルコールジェル
薬用アルコールジェル
ペディラスBTプラス
ペディラスBTプラス
エメロット点鼻薬AG
エメロット点鼻薬AG
症状別その他の商品
熱や痛みをとる薬
口唇ヘルペス再発治療薬
花粉症の薬
風邪薬
ビタミン剤
ぢの薬
便秘の薬
水虫の薬
湿疹・かぶれ薬
睡眠改善薬
健康食品

奥田脳神経薬資料請求

健康情報

さわやか薬店相談室

奥田脳神経薬 販売店リスト

お問い合わせ
ストレスケアNavi
ぢのお薬(塗り薬・坐剤・飲み薬)
お薬ワンポイントアドバイス
■ぢ軟膏(2タイプの処方があります)
【効能・効果】
きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・かゆみ・はれ・出血の緩和及び消毒
【用法・用量】
適量をとり肛門部に塗布してください。なお、1日3回まで使用できます。
【成分】100g中
成分 分量 働き
リドカイン 3.0g 痔の痛みとかゆみをおさえます。
ヒドロコルチゾン酢酸エステル 0.5g 痔のはれと出血をおさえます。
クロルヘキシジン塩酸塩 0.5g 患部の殺菌消毒をおこないます。
ジフェンヒドラミン 0.5g 痔の炎症とかゆみをおさえます。
アラントイン 1.0g 傷口の回復を早めます。
グリチルレチン酸 0.3g 痔による炎症をおさえます。
トコフェロール酢酸エステル 1.0g 血流を良くし、うっ血をおさえます。
添加物として白色ワセリン、中鎖脂肪酸トリグリセリド、ミリスチン酸オクチルドデシル、2−エチルヘキサン酸セチル、モノステアリン酸グリセリン、BHT、ユーカリ油を含有します。
【使用上の注意】
してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1. 次の人は使用しないでください
  患部が化膿している人。
2. 長期連用しないでください
相談すること
1. 次の人は使用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
 
(1) 医師の治療を受けている人。
(2) 妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3) 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2. 使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
 
関係部位 症状
皮膚 発疹・発赤、かゆみ、はれ
その他 刺激感、化膿
3. 10日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。
■ぢ軟膏(2タイプの処方があります)
【効能・効果】
きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・かゆみ・はれ・出血の緩和及び消毒
【用法・用量】
1日1〜3回、適量を肛門部に塗布する。
<用法及び用量に関連する注意>
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。
(3)肛門部にのみ使用すること。
【成分・分量】100g中
成分 分量 はたらき
リドカイン 3g 痔の痛みとかゆみをおさえます。
ヒドロコルチゾン酢酸エステル 0.5g 痔のはれと出血をおさえます。
酸化亜鉛 4g 患部を保護し、炎症をおさえます。
イソプロピルメチルフェノール 0.1g 患部の殺菌・消毒をおこないます。
クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.2g 痔の炎症とかゆみをおさえます。
アラントイン 1g 痔の炎症をおさえ、傷口の回復を早めます。
トコフェロール酢酸エステル 3g 患部の血流を良くし、うっ血をおさえます。
添加物として白色ワセリン、中鎖脂肪酸トリグリセリド、サラシミツロウ、パラフィン、セスキオレイン酸ソルビタン、ハッカ油を含有する。
【使用上の注意】
してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
1. 次の人は使用しないこと
 
患部が化膿している人。
2. 長期連用しないこと
相談すること
1. 次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
 
(1) 医師の治療を受けている人。
(2) 妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3) 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2. 使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
 
関係部位 症状
皮膚 発疹・発赤、かゆみ、はれ
その他 刺激感、化膿
3. 10日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
■ぢ坐剤(2タイプの処方があります)
【効能・効果】
きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・かゆみ・はれ・出血の緩和
【用法・用量】
成人(15歳以上)は、1回1個を肛門内に挿入します。なお、1日3回まで使用できます。
【成分】1個(1.5g)中
成分 分量 働き
リドカイン 60mg 痔の痛みとかゆみをおさえます。
ヒドロコルチゾン酢酸エステル 5mg 痔のはれと出血をおさえます。
クロルヘキシジン塩酸塩 10mg 患部の殺菌消毒をおこないます。
アラントイン 20mg 傷口の回復を早めます。
グリチルレチン酸 6mg 痔による炎症をおさえます。
トコフェロール酢酸エステル 50mg 血流を良くし、うっ血をおさえます。
添加物としてハードファット、軽質無水ケイ酸を含有します。
【使用上の注意】
してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1. 次の人は使用しないでください
 
(1) 本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2) 患部が化膿している人。
 
2. 長期連用しないでください
相談すること
1. 次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 
(1) 医師の治療を受けている人。
(2) 妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3) 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2. 使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 
関係部位 症状
皮膚 発疹・発赤、かゆみ、はれ
その他 刺激感、化膿
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
症状の名称 症状
ショック(アナフィラキシー) 使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
3. 10日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
■ぢ坐剤(2タイプの処方があります)
【効能・効果】
きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・かゆみ・はれ・出血の緩和
【用法・用量】
成人(15歳以上)1回量1個を1日1〜3回、肛門内に挿入する。
15歳未満は使用しないこと。
【成分】100g中
成分 分量 働き
リドカイン 60mg 痔の痛みとかゆみをおさえます。
ヒドロコルチゾン酢酸エステル 5mg 痔のはれと出血をおさえます。
酸化亜鉛 80mg 患部を保護し、炎症をおさえます。
イソプロピルメチルフェノール 2mg 患部の殺菌消毒をおこないます。
クロルフェニラミンマレイン酸塩 4mg 痔の炎症とかゆみをおさえます。
アラントイン 20mg 痔の炎症をおさえ、傷口の回復を早めます。
トコフェロール酢酸エステル 60mg 血流を良くし、うっ血をおさえます。
添加物としてハードファット、ハッカ油を含有する。
【使用上の注意】
してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
1. 次の人は使用しないこと
 
(1) 本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2) 患部が化膿している人。
 
2. 本剤を使用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないこと
  抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬、鎮咳去痰薬、鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬等)
3. 使用後、乗物又は機械類の運転操作をしないこと
  (眠気等があらわれることがある)
4. 長期連用しないこと
相談すること
1. 次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
 
(1) 医師の治療を受けている人。
(2) 妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3) 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4) 次の症状のある人。
排尿困難
(5) 次の診断を受けた人。
緑内障
2. 使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
 
関係部位 症状
皮膚 発疹・発赤、かゆみ、はれ
泌尿器 排尿困難
その他 刺激感、化膿
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
症状の名称 症状
ショック(アナフィラキシー) 使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
再生不良性貧血 青あざ、鼻血、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白くみえる、疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿等があらわれる。
無顆粒球症 突然の高熱、さむけ、のどの痛み等があらわれる。
3. 使用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
口のかわき、眠気
4. 10日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
■ぢ注入軟膏
【効能・効果】
きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・かゆみ・はれ・出血の緩和
【用法・用量】成人(15歳以上)
  1回量 1日使用回数
注入 1個 1〜2回
塗布 適量 1〜3回
注入する場合
1. キャップをとり、注入軟膏のボディを押し、軟膏を少し先端部に出します。
2. 注入軟膏のノズルを肛門内に挿入し、ボディを押してゆっくりと薬剤を注入してください。
全量を1回で注入してください。
塗布する場合
1. キャップをとり、注入軟膏のボディを押し、軟膏をそのまま塗布してください。
2. または、ガーゼなどにのばして患部に貼ってください。
一度塗布した容器は再度、注入には使わないでください。
軟膏が硬く出しにくい場合は、手で容器を暖めると軟らかくなります。
【成分】1個(2g)中
成分 分量 働き
プレドニゾロン酢酸エステル 1mg 抗炎症作用により、出血、はれ、かゆみを鎮めます。
リドカイン 60mg 患部の痛み、かゆみをしずめます。
アラントイン 20mg 傷の治りをたすけ、組織を修復します。
トコフェロール酢酸エステル 50mg 血行をよくし、うっ血の改善をたすけます。
添加物として流動パラフィン、モノステアリン酸グリセリン、縮合リシノレイン酸ポリグリセリル、白色ワセリンを含有します。
【使用上の注意】
してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
1. 次の人は使用しないこと
 
(1) 本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2) 患部が化膿している人。
 
2. 長期連用しないこと
相談すること
1. 次の人は使用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
 
(1) 医師の治療を受けている人。
(2) 妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3) 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2. 使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
 
関係部位 症状
皮膚 発疹・発赤、かゆみ、はれ
その他 刺激感、化膿
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
症状の名称 症状
ショック(アナフィラキシー) 使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
3. 10日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
ぢのお薬ワンポイントアドバイス
ぢのお薬の使い分け

肛門内のぢの症状には坐剤が効果的です。
肛門の外側の症状には軟膏が手軽に使えます。
内外両方に使えるのが注入軟膏です。

いずれの場合も排便後、肛門周辺を清潔にしてから使うのが効果的です。

坐剤の使い方

坐剤の先か肛門に、軟膏又はオリーブオイルを塗っておくとスムーズに入ります。

生活上の注意
1. 肛門を清潔に保つ
  排便後は洗浄するかトイレットペーパーに吹き付けて使う肛門洗浄剤で洗いましょう。
2. 身体を冷やさない
  冷えは肛門周辺の血行を悪くし、ぢの症状を悪化させます。また、長時間同じ姿勢でいることも血行不良につながります。シャワーだけで済まさず、ゆっくり入浴をして下半身を暖めるようにしましょう。
3. 便秘の予防
  便秘で便が硬くなったり、無理にいきむと肛門に刺激となり症状を悪化させてしまいます。食物繊維の多い食事を心がける、規則正しい食事を心がけるなど、便秘にならないよう注意しましょう。
4. アルコールや刺激物を控える
  アルコールや刺激物は下痢を起こしたり、血管を拡張させるので控えましょう。
5. 疲れ、ストレスをためない
  充分な睡眠、バランスの良い食事を心がけ、体調を壊す原因となるストレスをためないよう、自分にあった解消法をみつけましょう。
ページトップへ
Copyrightc2004 okuda seiyaku co.,ltd.All Rights Reserved.