奥田製薬株式会社
サイトマップ
会社案内 広告掲載

販売店の方

コンテンツメニュー
商品案内
奥田胃腸薬
奥田胃腸薬
奥田脳神経薬W
奥田脳神経薬W
奥田脳神経薬M
奥田脳神経薬
奥田脳神経薬
奥田脳神経薬
薬用アルコールジェル
薬用アルコールジェル
ペディラスBTプラス
ペディラスBTプラス
エメロット点鼻薬AG
エメロット点鼻薬AG
症状別その他の商品
熱や痛みをとる薬
口唇ヘルペス再発治療薬
花粉症の薬
風邪薬
ビタミン剤
ぢの薬
便秘の薬
水虫の薬
湿疹・かぶれ薬
睡眠改善薬
健康食品

奥田脳神経薬資料請求

健康情報

さわやか薬店相談室

奥田脳神経薬 販売店リスト

お問い合わせ
ストレスケアNavi
口内ヘルペスの再発治療薬
■ヘルペエース
外皮用薬(軟膏)
【効能・効果】
口唇ヘルペスの再発(過去に医師の診断・治療を受けた方に限る)
  口唇ヘルペスは、ヘルペスウイルスの感染によって起こる疾患です。一度感染すると、ヘルペスの症状がおさまってもウイルスはいなくなったわけではなく、神経細胞にじっと潜んでいます。
かぜ、ストレス、疲労などにより体調が悪くなったような時に再び、ピリピリ、チクチクといった前駆症状(再発のきざし)に引き続き、赤くはれ、水ぶくれができてきます。
このように、潜んでいたウイルスが何かのきっかけで暴れだすことを再発と言います。
口唇ヘルペスの再発
【用法・用量】
1日3〜5回、適量を患部に塗布してください。
(唇やそのまわりにピリピリ、チクチクなどの違和感を覚えたら、すぐに塗布してください)
ピリピリ、チクチクといった感覚は、口唇ヘルペスの再発のきざしです。
このような再発の初期から使用してください。
使用時期は、毎食後、就寝前などの使用が目安です。
家族で初めて発症したと思われる人が誤って使用しないよう、十分注意してください。
<用法・用量に関連する注意>
(1) 定められた用法・用量を厳守してください。
(2) 小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3) 目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。
なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
(4) 外用のみに使用してください。
(5) 口に入っても害はありませんが、なるべく口に入れたり、なめたりしないでください。
ヘルペエース使用の目安
ヘルペエース 購入前チェックシート
【成分・分量】1g中
成分 分量 作用
アシクロビル 50mg ヘルペスウイルスの増殖をおさえます。
添加物として、マクロゴールを含有します。
【使用上の注意】
してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1. 次の人は服用しないでください。
 
(1) 初めて発症したと思われる人、患部が広範囲の人。
(初めて発症した場合は症状がひどくなる可能性があり、患部が広範囲に及ぶ場合は重症ですので、医師の治療を受けてください。)
(2) 本剤又は塩酸バラシクロビル製剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人。
(本剤の使用により再びアレルギー症状を起こす可能性があります。)
(3) 6才未満の乳幼児。
(乳幼児の場合、初めて感染した可能性が高いと考えられます。)
2. 次の部位には使用しないでください。
 
(1) 目や目の周囲
(目に入って刺激を起こす可能性があります。)
(2) 唇とそのまわりをのぞく部位。
(口唇ヘルペスは唇及びその周囲にできるものです。)
【相談すること】
1. 次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください。
 
(1) 医師の治療を受けている人。
(医師から処方されている薬に影響したり、本剤と同じ薬を使用している可能性もあります。)
(2) 妊婦又は妊娠していると思われる人。
(薬の使用には慎重を期し、専門医に相談して指示を受ける必要があります。)
(3) 授乳中の人。
(同じ成分の医療用の内服薬で、乳汁への移行が確認されています。)
(4) 本人又は家族がアレルギー体質の人。
(アレルギー体質の人は本剤の使用により、アレルギー症状を起こす可能性があります。)
(5) 薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(何らかの薬でアレルギーを起こした人は、本剤でも起こる可能性があります。)
(6) 湿潤やただれがひどい人。
(症状がひどい場合は専門医に相談して指示を受ける必要があります。)
(7) アトピー性皮膚炎の人。
(重症化する可能性がありますので専門医に相談して指示を受ける必要があります。)
2. 使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って、医師又は薬剤師に相談してください。
関係部位 症状
皮膚 発疹・発赤、はれ、かゆみ、かぶれ、刺激感、疼痛、乾燥、灼熱感、
落屑(フケ、アカのような皮膚のはがれ)、じんましん
(本剤によるアレルギー症状であるか、本剤の薬理作用が強くあらわれたものであると考えられ、このような場合、同じ薬を続けて使用すると症状がさらに悪化するおそれがあります。)
3.5日間位使用しても症状がよくならない場合、又はひどくなる場合は使用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
(5日間位使用しても症状の改善がみられないときは、症状が重いか他の疾病によるものと考えるべきで、なるべく早く医師又は薬剤師に相談してください。)
ページトップへ
Copyrightc2004 okuda seiyaku co.,ltd.All Rights Reserved.